毎年この時期に訪れている上野東照宮「ぼたん苑」に行って来ました。

 

第38回 上野東照宮 冬ぼたん


 

ぼたんは中国を原産国とする花で、古来より「百花の王」

と呼ばれ、薬用に観賞用にと広く親しまれてきました。

絢爛豪華な花容から「富貴花」とも称され、財産・繁栄・

名誉・幸福をもたらす縁起の良い花として愛されています。

              パンフレットより

 

「冬ぼたん」は秋に温度調整して冬に開花させるという

特殊な栽培方法で咲かせるそうです。

冬ぼたんは40種類200株が植えられています。

見ごたえがあります。

 

 

ぼたん苑にはソシンロウバイの木が3本あります。

今年もロウバイの花が綺麗に咲き始め、甘くフルーティな

香りを放っておりました。

ぼたんの花も良いのですが、私にはロウバイの花が

ご近所で見られる唯一の場所としてこちらのぼたん苑が

好きです。新春の香りを思い切り吸ってきました。



朝一で入ったので空いているぼたん苑でしたが、

カメラを持った方々で徐々に混み合ってきました。

帰る時に入り口を見たら大勢の人が並んでいました。

 

 


カラフルなぼたんの花を今年も楽しませていただきました。

 

第38回 上野東照宮冬ぼたん

期間:2020年1月1日〜2月24日

時間:9:30〜4:30

入場料:一般 700円、小学生以下 無料

期間中無休

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM